女性誌でも

今日、病院の待合室で、女性誌を見ていたんですが、ファッションページが終わるとどうでも良いアイドルのインタビューとか^^、小説やコラムがあり、それとともに働く女性の働き方改革、業務の効率化についての特集がありました。

そこには、やることが多すぎて業務が滞りがちだったり、残業時間が増えてしまう、などの悩みが寄せられてもいました。働く時間を減らしても、業務の効率が実現できなければ働き方改革なんてできるはずはありませんよね。

会社側としては、ノー残業デーを設けたり、午前の一時間に一番集中して業務を行うといったメリハリのある働き方を推進したり、さまざまな工夫も見られました。

でも、これらだけで働き方改革なんて言えませんよね。業務をできるだけ効率化して仕事を終わらせるには、CRMのような営業支援ツールが非常に役立つんです。

慣れない間は戸惑うことも多いかもしれませんが、1年後、2年後の自社の姿を考えれば、早めの導入が功を奏しているはずですよ。

ナレッジスイート株式会社

Posted in 未分類 at 3月 18th, 2018. No Comments.

名刺も検索しませんか?

名刺の束の中から必要なものを探し出す手間と時間。本当にイライラしますよね。束の最後まで見たのに結局見つからず、他の場所で名刺を探す・・。こんなアナログ管理はもうあきらめて、デジタル管理に移行しましょう!

何と言っても、検索にかければすぐに欲しい名刺の情報を取り出せるんですから。ネットで検索するように名刺も名前、会社名などを入れるだけですぐに答えが見つかります。あんな無駄な時間を過ごす必要なく、スマートに探せるんですから^^

もし名前、会社名が思い出せなくても、交換したイベントやセミナー名でも検索にかけることが可能です。もちろん、登録しておく必要はありますが、業務の効率化を目指すのであればこれくらいの手間は大したものではありませんよ^^

名刺CRM

Posted in 未分類 at 3月 8th, 2018. No Comments.

最初から頑張ったのに・・

と言いますか、導入後にはたくさんのデータを取集し、蓄積していくことがSFAには重要なことではあるのですが、最初に頑張り過ぎることで次第に熱が冷め、結果、次に何をやるべきか、方向性を見失ってしまう・・ということもよくある失敗例のようです。

そもそもの話、SFAはデータ収集が目的ではなくて、集められた情報からスタートしていくことが本題につながるんですね。その本題の前で疲れてしまって、にっちもさっちもいかなくなる。果ては、SFAは面倒くさい、時間がかかり過ぎる、という悪い噂^^が出てきてしまうんですね。

本当は、集められた情報を営業活動の強化、効率化へとつなぐことが目的で、マーケティングや新規顧客獲得のために情報が使われることになります。

また、前から使っているグループウェアやその他ツールとの連携を行えれば、業務の効率化もできることでしょう。目的がどこにあるのかを徹底的に営業マンが理解しておくこと。これがSFA導入成功には必要なんですね。

GRIDY名刺CRM

Posted in 未分類 at 2月 27th, 2018. No Comments.

わからなければ・・

CRMを次々に周りの企業が導入していると聞くと、わが社でも必要なのでは?と思うものです。でも、CRMについて詳しくないのにとりあえず導入する、ではあまりにもったいないですよね。CRMは良さそうなシステムだけど、どういったことをポイントにして選んだらハズレが無いのか、おすすめのチャックポイントを教えますね。

それは、作業画面の使いやすさとモバイルでの利用が簡単にできるか、ということです。この2点さえクリアしておけば、営業マンもCRMを使ってくれるはずですよ^^

そもそも新しいシステムなんていうと、営業マンは面倒だと思い使ってくれない可能性もあるんです。新しいシステムの使い方を覚えないといけない、営業の時間をシステムへの入力時間に取られると思ってしまうんですね。

しかし、作業画面が簡単であればすぐに慣れますし、スマホやタブレットがあればいつでもどこでも入力ができます。管理者や経営陣も入力画面も共有できるため、いま会社の中で商談がどのように進んでいるのかをすぐに確認もできるんです。

knowledgesuite株式会社

Posted in 未分類 at 2月 18th, 2018. No Comments.

こんな風に考える!

名刺の管理の方法にも段階というものがあるんですね~。あるコラムで紹介されていたのですが、第一段階とは紙の名刺のまま名刺ホルダーや名刺入れに整理しておいておく。第二段階が無料の名刺管理アプリやツールを利用し、電子化しておく。第三段階が有料の名刺管理アプリやツールを利用する。そして第四段階は営業支援ツールのSFAやCRMと連携させて利用する。さらに最終段階として人脈の「つながり」を作り上げること。

きっと昭和の時代には第一段階にとどまっていたはずですが、ここ30年の間でこんなにもさまざまなシステムが開発され、使われるようになってきているんですね~。それだけ、今の営業という仕事が簡単にはいかないもの、ということになってきている証でもありますね。

参照URL

Posted in 未分類 at 2月 11th, 2018. No Comments.

どうしても華やかさに惹かれますが・・

インフォテリアがクラウドサービスとの連携機能を強化した新しいソフトの販売をスタートしているそうです。

このソフトの名称はASTERIA WARP。Office 365やG Suiteなどのクラウドサービスと全く別のシステムをノンプログラミングでも連携できるようにしているとのこと。具体的に言うと、ドラッグ&ドロップ、プロパティの設定とか、いつも使っている、それも簡単な方法で別々のシステムが連携できるようになるというのです。この機能強化で「SFA/CRM、名刺管理サービスなど30種類以上のクラウドサービスとのデータ連携」が、ASTERIA WARPによってノンプログラミングでつながるようになるそうです。

すごいですね。こんなの欲しいけど絶対無理だよね~と思う機能ではありませんか?こういった、かゆいところにも手が届く、でも誰も期待していなかった^^機能の開発は、忙しい現代のビジネスマンにとっては嬉しいものでしょうね。

詳しくはこちら

Posted in 未分類 at 1月 14th, 2018. No Comments.

30日もあれば確認できます

SFAを導入する前に、いろいろとネット上で調べ、自分たちに合ったシステムを選ぶと思いますが、一度試して使う事が出来たい・・と思いませんか?

実は、本格導入の前に30日間のお試し期間を設けるSFAベンダーも多いんですよ。ホームページをみていると、30日間まずは使ってみてその使いがってや必要な機能を確認する時間をもらえるんです。

SFAにも無料でサービスされているものもありますが、1、2年も経てば欲しい機能は有料となり結果的にコストはかかってしまうもの。だったら、最初からコストをかけても自分たちが使いやすく、しかも欲しい機能、そしてカスタマイズしやすいものをきちんと選べるお試し期間を活用してみてはいかがでしょう。

ただしここで一点注意があります。もし、お試しをして使えないツールと判明した場合、それまで入力した企業情報が心配ですよね。

なので、お試しで利用する際にはダミーの情報で練習してみることをおすすめします。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-dounyu.html

Posted in 未分類 at 11月 29th, 2017. No Comments.

スピード社会だからこそ

唐突ですが、昨年の流行語って覚えていますか?私・・前覚えていないんですよね。お笑いタレントも去年ブレイクした人・・覚えていません^^これは私がたんに記憶力が低下しているからかもしれませんが。

でも、社会の流れ、流行り廃りのスピードが非常に速い、というのも事実ですよね。テレビで●●を食べると痩せる!なんて健康情報番組で特集をすれば、1ヵ月ほどその食品が手に入らなくなるものの、半年もすると山積みになっていることもあります^^

このように、消費者の心はプカプカ浮いて一定のところにはおさまらないため、モノやサービスを提供する企業はこのスピードのある流れに即したマーケティングが必要となります。ほんの少しでも時期を逃せば、「今頃こんなものを?」と流行遅れになってしまうわけです。CRMはこの流れをしっかりととらえ、先手を打つことが可能なシステムでもあるんですね。

最適なデータを得るためにも、より多くの情報を蓄積する。これもまたCRMの有効活用には重要となります。

sfa

Posted in 未分類 at 11月 22nd, 2017. No Comments.

経験がモノを言います

SFAの導入には営業マンからの反対が多いそうですが、逆に営業マンたちからの要望で導入し、成功している企業もあるようです。

そもそもSFAは案件管理、営業活動がグループ内ですべて共有化されるため、営業マン個人としては自分の営業プロセスすべてを他の営業マンにバレてしまうことを恐れています。しかしながら、真面目に会社、グループのために営業活動をしていれば、自分や他の人が持っている情報すべてを共有化し、コミュニケーションを密に取っていくことで、次なる営業にどれだけ有益な情報を持って臨めるのか、これをわかっている営業マンも多くいるわけです。

ただ、初めてのSFA導入ではどういった機能が自社に合っていて、どのような画面、操作性が使いやすいのかわからないですよね。

そんな時は、SFAを提供しているベンダーの導入事例、実績、ノウハウについて徹底して調べると良いでしょう。自社と同じ業界でどれくらいの数を導入しこれまでに実績を上げているのか。成功、失敗の経験が多いほど、自社に最適なSFAを紹介し、運用までしっかりとサポートしてくれるはずです。

スケジュール管理機能 |サービス紹介

Posted in 未分類 at 11月 15th, 2017. No Comments.

セグメントすることが重要

ネット通販の業界も今は厳しいものがあるようです。新規で顧客を探すのは一苦労。テレビなど他のチャネルを駆使し、最初は無料同然で商品を使ってもらい、そのままお得な定期購入などを勧め、継続購入してくれるように促す、というのが最近の通販会社の主流のようです。

ただ、このようにテレビで番組を作ったりコマーシャルできるだけの費用があるのはまだ良い方ですよね。ネットだけで新規顧客を獲得するのは至難の業とも言えるでしょう。

そこで活用が進んでいるのがSFAなんです。SFAではサイトに訪問した客、お問い合わせしてくれた客などに、ネット広告を使って商品の宣伝をしたり、直接メールで商品紹介、メルマガの配信などをスタートさせる機会を積極的に作り出すことが可能になります。

その際、顧客情報を蓄積していき、セグメントしていくこともできるんですね。むやみに客に商品の宣伝をするのではなくて、その客がどのような嗜好性を持ち、行動パターンがあるのかを分析して、それらに合った商品のおすすめをタイミング良く行うことができるようになるんです。

顧客管理 ソフト

Posted in 未分類 at 11月 8th, 2017. No Comments.