つぶやき機能がgood!

近頃のSFAってつぶやき機能というものがあるんですね。Twitterのようなものでしょうか。そういえば、SFAにあるSNS機能がとても良い、と聞いたことがあります。

大した情報じゃなくても、取り合えず取引先から聞いた情報や、見たことをつぶやいておく。すると、それを見た他の社員や幹部からそれに関連した情報がさらにつぶやかれるかもしれません。すると、新規顧客へのアプローチや営業の仕方を変え、案件を成功に導く可能性が高くなることも。

また、以前誰かがつぶやいてたけど・・、というときは検索機能を使えばすぐにそのつぶやきを抽出することもできます。そして、それぞれの社員が自分の案件情報をつぶやいておけば、社員同士の士気も高まりそうですよね。

日報を見てくれない上司がいても、SNSを介すると上司に気軽に質問できたり、上司もいいね!と簡単に褒めることができます。業務の効率化、時間の節約とともに、コミュニケーションツールとしても、SFAは役立てられそうです。

Posted in 未分類 at 5月 16th, 2018. No Comments.

RFM分析とは

CRM、顧客情報を分析する際には、RFM分析というものが利用されます。これは、顧客の主に行動に関する分析です。

顧客の行動・・つまり、購入した日、購入している頻度、累計の購入額、これらを基に分析されるんですね。そして、分析された結果の数値が高い顧客、これがいわゆる優良顧客として記録されるんです。

一番近く購入した日、Recencyは、その顧客が現在、自社とどれくらい関わり合いが強いかが分かりますよね。3年も5年も前に最終の購入があった顧客と、3日前に購入があった顧客では、もちろん後者の方が重要な顧客となります。

また、購入している頻度、Frequencyも重要です。たった1度の購入後には音沙汰無い顧客、数か月単位ではあるけれども、定期的に購入している顧客、といった具合です。

そして最後が累計の購入額、Monetary。これが最も重要な指標になりそうです。累計購入額が高ければ、今後も同じく購入が期待できますからね。

このRFM分析が正確なほど、次のCRM施策に多いに役立つというわけです。

営業支援サービス

Posted in 未分類 at 4月 27th, 2018. No Comments.

日報機能が優れています

他企業がSFAを導入し、新規顧客獲得を伸ばしていると聞くと、わが社でも導入をと思ってしまいますよね。

でも、SFAって使うことが難しく、何よりどんな機能があるのかもよくわからない、という声もまだまだ多くあるんです。どうせお金をかけ、全社を上げて導入するのであれば、どのような機能が良くて、売り上げアップにつながるのか知っておくと良いでしょう。

一番SFAで優れている、便利である、と言われるのが日報の機能です。クラウドで管理されるため、営業マンは一日の終わりに必ず行っていた帰社して日報を書く、という面倒な作業から解放されるんです。これを聞いただけでも、きっと営業マンのほとんどは喜ぶでしょう^^

スマホ、タブレットから簡単に入力ができます。ベンダーによっては項目チェックするだけで完了!というものまでありますから、時間、手間の効率化は多大ですよね。

また、クラウド管理であるため、リアルタイムで管理者は営業プロセスをチェックできます。営業のミス、漏れを無くせる、という点においてもSFAの営業日報は優れているんです。

マーケティングソリューションツール

Posted in 未分類 at 4月 21st, 2018. No Comments.

費用対効果が具体的に

SFAを活用することで、費用対効果が具体的にわかるようになるって知っていましたか?

そもそもの話なんですが、SFAには「この顧客は脈がありそう!」といった、潜在的な顧客の割り出しができるんですね。そのために、ターゲットを絞っての営業が可能になるため、費用対効果というものも具体的に出すことができるようになるんです。

また、営業マンが次にどういったアクションを起こすことが最も効果的か、ということもSFAによってわかるようになります。SFAでは、ToDoリストを作るため、スマホやタブレット、パソコンなど利用しているデバイスを開けば、今日、どこの企業を回るべきか、納品の企業はどこか、請求書を持って行く企業はどこか、そして、そろそろ訪問した方が良い企業など、あらゆる営業の観点から、今日のやるべきことを知らせてくれるんです。これって個人的に有能な秘書を持っている感覚ですよね^^

私個人としては、スケジュール管理だけでもこのSFAを使って個人秘書代わりに出来たら良いな~~と思っているところです。

https://knowledgesuite.jp/service/crm/marketing.html

Posted in 未分類 at 4月 13th, 2018. No Comments.

保有するビッグデータを短時間で効果的に活用できる

このタイトルには惹かれる企業の幹部の方も多いのではないでしょうか。

インテックとFRONTEOという会社が今月2日に連携したサービスの提供をスタートさせています。そのサービスの内容は、金融向けのCRMと人工知能の連携解析サービス。インテックはF3と書いてエフキューブというCRMを、FRONTEOは人工知能のエンジンKIBITキビットをスムーズに連携させることで、多くの企業が持っているけどうまく活用できていない、ビッグデータを有効に活用していこうというのです。

とくに顧客関係の情報というのは、どこの会社でも会社中に散らばり、一か所に集めることも難しいですよね。それを、CRMの導入を機に整理、取捨選択し、これからの顧客管理、金融界系の企業が目指している地域に根付いたきめ細やかな金融支援につなげていくようです。

では実際どういった事が出来るのかというと、「営業チャンスの発掘、最適な商品抽出の実現、お客さま本位の取引、ロイヤリティの向上」といったことを想定しているそうです。

名刺CRM

Posted in 未分類 at 3月 27th, 2018. No Comments.

女性誌でも

今日、病院の待合室で、女性誌を見ていたんですが、ファッションページが終わるとどうでも良いアイドルのインタビューとか^^、小説やコラムがあり、それとともに働く女性の働き方改革、業務の効率化についての特集がありました。

そこには、やることが多すぎて業務が滞りがちだったり、残業時間が増えてしまう、などの悩みが寄せられてもいました。働く時間を減らしても、業務の効率が実現できなければ働き方改革なんてできるはずはありませんよね。

会社側としては、ノー残業デーを設けたり、午前の一時間に一番集中して業務を行うといったメリハリのある働き方を推進したり、さまざまな工夫も見られました。

でも、これらだけで働き方改革なんて言えませんよね。業務をできるだけ効率化して仕事を終わらせるには、CRMのような営業支援ツールが非常に役立つんです。

慣れない間は戸惑うことも多いかもしれませんが、1年後、2年後の自社の姿を考えれば、早めの導入が功を奏しているはずですよ。

ナレッジスイート株式会社

Posted in 未分類 at 3月 18th, 2018. No Comments.

名刺も検索しませんか?

名刺の束の中から必要なものを探し出す手間と時間。本当にイライラしますよね。束の最後まで見たのに結局見つからず、他の場所で名刺を探す・・。こんなアナログ管理はもうあきらめて、デジタル管理に移行しましょう!

何と言っても、検索にかければすぐに欲しい名刺の情報を取り出せるんですから。ネットで検索するように名刺も名前、会社名などを入れるだけですぐに答えが見つかります。あんな無駄な時間を過ごす必要なく、スマートに探せるんですから^^

もし名前、会社名が思い出せなくても、交換したイベントやセミナー名でも検索にかけることが可能です。もちろん、登録しておく必要はありますが、業務の効率化を目指すのであればこれくらいの手間は大したものではありませんよ^^

名刺CRM

Posted in 未分類 at 3月 8th, 2018. No Comments.

最初から頑張ったのに・・

と言いますか、導入後にはたくさんのデータを取集し、蓄積していくことがSFAには重要なことではあるのですが、最初に頑張り過ぎることで次第に熱が冷め、結果、次に何をやるべきか、方向性を見失ってしまう・・ということもよくある失敗例のようです。

そもそもの話、SFAはデータ収集が目的ではなくて、集められた情報からスタートしていくことが本題につながるんですね。その本題の前で疲れてしまって、にっちもさっちもいかなくなる。果ては、SFAは面倒くさい、時間がかかり過ぎる、という悪い噂^^が出てきてしまうんですね。

本当は、集められた情報を営業活動の強化、効率化へとつなぐことが目的で、マーケティングや新規顧客獲得のために情報が使われることになります。

また、前から使っているグループウェアやその他ツールとの連携を行えれば、業務の効率化もできることでしょう。目的がどこにあるのかを徹底的に営業マンが理解しておくこと。これがSFA導入成功には必要なんですね。

GRIDY名刺CRM

Posted in 未分類 at 2月 27th, 2018. No Comments.

わからなければ・・

CRMを次々に周りの企業が導入していると聞くと、わが社でも必要なのでは?と思うものです。でも、CRMについて詳しくないのにとりあえず導入する、ではあまりにもったいないですよね。CRMは良さそうなシステムだけど、どういったことをポイントにして選んだらハズレが無いのか、おすすめのチャックポイントを教えますね。

それは、作業画面の使いやすさとモバイルでの利用が簡単にできるか、ということです。この2点さえクリアしておけば、営業マンもCRMを使ってくれるはずですよ^^

そもそも新しいシステムなんていうと、営業マンは面倒だと思い使ってくれない可能性もあるんです。新しいシステムの使い方を覚えないといけない、営業の時間をシステムへの入力時間に取られると思ってしまうんですね。

しかし、作業画面が簡単であればすぐに慣れますし、スマホやタブレットがあればいつでもどこでも入力ができます。管理者や経営陣も入力画面も共有できるため、いま会社の中で商談がどのように進んでいるのかをすぐに確認もできるんです。

knowledgesuite株式会社

Posted in 未分類 at 2月 18th, 2018. No Comments.

こんな風に考える!

名刺の管理の方法にも段階というものがあるんですね~。あるコラムで紹介されていたのですが、第一段階とは紙の名刺のまま名刺ホルダーや名刺入れに整理しておいておく。第二段階が無料の名刺管理アプリやツールを利用し、電子化しておく。第三段階が有料の名刺管理アプリやツールを利用する。そして第四段階は営業支援ツールのSFAやCRMと連携させて利用する。さらに最終段階として人脈の「つながり」を作り上げること。

きっと昭和の時代には第一段階にとどまっていたはずですが、ここ30年の間でこんなにもさまざまなシステムが開発され、使われるようになってきているんですね~。それだけ、今の営業という仕事が簡単にはいかないもの、ということになってきている証でもありますね。

参照URL

Posted in 未分類 at 2月 11th, 2018. No Comments.