決裁ルートを把握する!

取引先の決済ルートを把握することがどれだけ重要なのか、管理者としては当然のことであり、またルート把握ができることも、管理者として腕の見せ所化もしれません。ただ、管理者も現場に出ていなければ、そのルートを把握することなんでできません。日々、部下たちの管理に追われていては、現場に出る機会なんてあるはずがない!といった声が聞こえてきそうです^^

そこでSFAがその代わりをしてくれます。現場の報告をリアルタイムで見ていくことで、次第に決済のルートが視えてくるんですね。もちろん、一度や二度の取引では無理でしょう。営業マンが各案件のプロセス、決済までをきちんと報告し、情報が蓄積されていくことで、取引先の商談の傾向、決済ルートも把握できるようになるんです。

ですから、営業マンたちがどれだけSFAを活用するのかも重要ですよね。営業そのもののコアタイムを減らさず、業務が効率化できるとメリットを感じてくれるようなSFAを、まずは探すことが先かもしれません。


Posted in 未分類 by admin at 8月 24th, 2019.

Leave a Reply