機械学習は営業支援の現場でも

AIを活用し、機械学習を可能にすることで、人々の生活は多くのメリットを受けることができます。

営業の現場ではITの導入が遅れていると言われていました。営業マン自身の力量によって進む仕事でもありますから、そこにコンピューターは必要無いと言う人たちが多かったんですね。つまり属人的な営業だったと言うことです。

しかし時代は変わり、販売の方法、チャネルが多様化し、さらに顧客が商品やサービスを買う時の方法、チャネルもまた多様化。さらには顧客は多く情報を好きなだけ得られるようになりましたから、顧客が望むものを販売する側は把握できていないと商品やサービスは売れなくなってしまいました。

そこでSFAなどを導入して顧客の真のニーズを推し量ろうとしていますが、それでも追いつかず、AIを使って機械学習させ、そこから分析、予測、という流れに変わったんです。今のところ、それなりの結果も出ていますし、営業現場の世代も変わってきているため、機械学習ができるSFAなどの導入も少しずつ進んでいるようです。


Posted in 未分類 by admin at 8月 9th, 2019.

Leave a Reply