モチベーションを確保!

今のままではSFAが現場に定着しない・・と不安な状況が続いたら、すぐに何か打開策を打つべきです。最も効果的な方法としては、評価制度をSFAに設ける事。SFAの中に名刺管理の機能があれば、これから先名刺情報のデータ化はSFAの中の機能のみ使うこと、そのため、名刺のデータ化は1週間以内に行う事。こういった決まり事を作り、実現できている社員は評価の対象にする、というものです。

このように聞くと、子供じゃないんだから・・と思いますよね。しかしこういった簡単な制度でも、評価を付ける付けないによって、社員の意識は変わり、モチベーションを確保できるものなんです。

SFAを1年以上使えばそれなりの結果は出てきますし、使って良かったと営業マンも感じるものですが、それまで営業マンたちの業務の中に根付くまでには、営業マンたちの精神的負担の方が多いかもしれません。そのため、ボーナス的な評価制度をアクセントにすることで、気分も上げられるということなんですね。一度試す価値はありそうです。


Posted in 未分類 by admin at 8月 4th, 2019.

Leave a Reply