モノからコトへ

中国人の爆買いが変化をしているといったニュースが少し前に聞かれていました。日本の電化製品、化粧品、薬などを異常に多く買って帰る中国人たち。しかしこういったモノを購入する姿が見られなくなったと。ではどこに外国人は行っているのかというと、日本ならではの経験をしに様々な場所へ行っているんですね。

京都で舞妓さんの恰好をしたり、北海道でパウダースノーでスキーをしたり、自然豊かな場所にハイキングやトレッキングに行ったり。自分たちの国では出来ない景色を見て、経験をしたい。物ではなく事、が重要になってきているんですね。

顧客の経験を向上させる、カスタマーエクスペリエンスの向上。それができるのが営業の世界ではCRMと言って良いでしょう。顧客それぞれの属性とともに、これまでの購入履歴、コールセンターへの問い合わせ内容など全てを一括管理し、社内で共有化する。そこからそれぞれの顧客が次にどういったことを経験したがるのかを導き出し、顧客に提案するんですね。


Posted in 未分類 by admin at 7月 19th, 2019.

Leave a Reply