入れ替えも楽ちん

あるSFAの画面もネットで見たのですが、すっごく使い勝手が良さそう!と思いました。それは、フェーズごとに案件を入れ替えできるようになっているんです。ドラッグしてドロップするだけで、まるでゲームの中の駒の配置を好きに代えるように、案件も入れ替えられるので、進捗状況によって日々、入れ替え、見やすくすることができるというものでした。

大企業ともなれば、一人の営業マンが抱える取引先の数が多く、案件も同時進行でいくつも持っているでしょう。それらを見やすくまとめ、次に何をするべきかすぐに見れるようにできれば、営業もしやすいはず。また、SFAは営業プロセスを共有化できるため、上司がそれぞれの営業マンの案件の進捗状況を確認したい場合にも、リアルタイムの状況確認が簡単にできるようになります。もし、営業マンが気づいていないミスや、軌道修正したい部分があれば、SFAを介して連絡を取り合うこともできるため、便利ですよね。

営業マンが使いやすく、そして上司とのコミュニケーションも盛んになるSFAのようでした。


Posted in 未分類 at 7月 20th, 2019. No Comments.

モノからコトへ

中国人の爆買いが変化をしているといったニュースが少し前に聞かれていました。日本の電化製品、化粧品、薬などを異常に多く買って帰る中国人たち。しかしこういったモノを購入する姿が見られなくなったと。ではどこに外国人は行っているのかというと、日本ならではの経験をしに様々な場所へ行っているんですね。

京都で舞妓さんの恰好をしたり、北海道でパウダースノーでスキーをしたり、自然豊かな場所にハイキングやトレッキングに行ったり。自分たちの国では出来ない景色を見て、経験をしたい。物ではなく事、が重要になってきているんですね。

顧客の経験を向上させる、カスタマーエクスペリエンスの向上。それができるのが営業の世界ではCRMと言って良いでしょう。顧客それぞれの属性とともに、これまでの購入履歴、コールセンターへの問い合わせ内容など全てを一括管理し、社内で共有化する。そこからそれぞれの顧客が次にどういったことを経験したがるのかを導き出し、顧客に提案するんですね。


Posted in 未分類 at 7月 19th, 2019. No Comments.

CRMを提供するベンダーとして

CRMは、導入したら後は自分たちだけで運用をしていかないといけない、そう思いがちですよね。実際、CRMの専門家がいない会社でも、ある程度の導入期を経たら、あとは自分たちだけで運用していけると思っているようです。

しかし、そこまでCRMは甘くないんですね^^やはり、本当の運用ができるまで、結果を出せるようになるまでには半年以上の月日が必要であり、CRMそのものを使いこなせるようにならないといけません。その際には、ベンダーのサポートがどれだけ行われるのかも重要なポイントとなるんです。

あるCRMを提供しているベンダーでは、システムの導入期から運用体制の構築、そして営業活動に至るまで、全ての工程で導入した会社をサポートできる体制を整えているそうです。逆に言えば、そこまでしないとCRMとは難しいツールだとも言えますよね。

提供しているベンダーとしてすべての工程でサポートをしていく中で、改善点が見えたり別の機能の開発につながる気づきがあるとも聞きますから、こういった向上心のあるベンダーを探すことも大切ですね。


Posted in 未分類 at 7月 13th, 2019. No Comments.