CRMを提供するベンダーとして

CRMは、導入したら後は自分たちだけで運用をしていかないといけない、そう思いがちですよね。実際、CRMの専門家がいない会社でも、ある程度の導入期を経たら、あとは自分たちだけで運用していけると思っているようです。

しかし、そこまでCRMは甘くないんですね^^やはり、本当の運用ができるまで、結果を出せるようになるまでには半年以上の月日が必要であり、CRMそのものを使いこなせるようにならないといけません。その際には、ベンダーのサポートがどれだけ行われるのかも重要なポイントとなるんです。

あるCRMを提供しているベンダーでは、システムの導入期から運用体制の構築、そして営業活動に至るまで、全ての工程で導入した会社をサポートできる体制を整えているそうです。逆に言えば、そこまでしないとCRMとは難しいツールだとも言えますよね。

提供しているベンダーとしてすべての工程でサポートをしていく中で、改善点が見えたり別の機能の開発につながる気づきがあるとも聞きますから、こういった向上心のあるベンダーを探すことも大切ですね。


Posted in 未分類 at 7月 13th, 2019. No Comments.