クラウド化によって

CRMが急速に日本で普及した要因に、クラウド化ということがあるんだそうです。自社で自前のシステム構築をしなくて良い、というのは設備費とともに設備を置く場所が必要無いということ。システム構築だけで数千万円もかかると言われていますし、またランニングコストまで含めたら億にかかってしまうでしょう。

こうなると、いくら顧客満足度を上げることができるシステムと言われても、大企業くらいしか導入できる会社は出てこないはず。CRMを提供しているベンダだって、もっと多くの企業に使って欲しいわけですから、クラウド化すればデメリットも大きく減らせます。

また、近年サービスされているCRMは使いやすさの向上、機能の選択、プランなど、いろんな面でメリットも増えています。アプリでもCRMが使えるほど簡単になっていますからね。

もし、CRMの本格導入を検討していたら、こういったアプリから初めてみて、本格導入までの計画を立ててみるのも良いかもしれません。


Posted in 未分類 by admin at 6月 28th, 2019.

Leave a Reply