ソーシャルEC元年?

今年は、中国はソーシャルEC元年と言われているんだそうです。ソーシャルそしてEC。つまりSNSがECになるということ。LINEで買い物をするようになるといった感じでしょうか。すでに日本でもSNSで物を買うことはできますが、中国ではそれが今年からはじまったと?

SNSを企業は活用することで、顧客と接点が密に持てるようになります。顧客満足度を向上させるといった意味でも、SNSは役立ちそうですよね。CRMを導入するにも、SNSにすでに顧客が登録されていれば、連携させることで手間いらず入力ができるはず。

ただ、中国の企業が顧客と密接な関係を持ちたい、と考えているとは思えません^^それよりも、SNSを日常的に利用している10代、20代の若者達を囲い込み、優良顧客へと持っていく考えの方が強い気がしますね。テレ部でも観たのですが、ショッピングサイトと人気のユーザーが手を結び、スマホのカメラで実況しながら商品を紹介し売っていく、という番組がありました。これがとにかくよく売れていました。人口の数からしても、中国にはまだまだ売れる要素がたくさんあるのでしょう。


Posted in 未分類 by admin at 6月 23rd, 2019.

Leave a Reply