リアルタイムだとより戦略的?

どういうことだかわかりますか?SFAを活用していくと、営業マンから報告される営業情報や顧客情報は常に新鮮なものへと更新されていきます。リアルタイムで現場の様子を会社にいる管理者は把握できるんですね。また、この情報は他の営業マンやマーケティング部のスタッフも確認できるため、すぐに次の一手を考え出すことも可能です。

以前は、「では会社に一度持ち帰って・・」と言っていましたが、今では「!今、上司から申請許可がありましたので・・」とそのまま商談を進める事もできます。修正やミスがあればそれらもすぐにチェックできるため、商談においてもミスなく進めることができるわけです。

今までは、報告だけ聞いて数字だけを参考に従業員を評価していた管理者も、こうやってすべてのプロセスを一緒に歩みながら評価もできるようになるため、より、営業マンたちに寄り添った評価というものも期待できるようになりますよね。営業マンにとっては負担の大きいSFAと言われますが、回りまわって大きなメリットとなって帰って来るツールであることも、知っておいて欲しいですね。


Posted in 未分類 by admin at 6月 8th, 2019.

Leave a Reply