ソーシャルEC元年?

今年は、中国はソーシャルEC元年と言われているんだそうです。ソーシャルそしてEC。つまりSNSがECになるということ。LINEで買い物をするようになるといった感じでしょうか。すでに日本でもSNSで物を買うことはできますが、中国ではそれが今年からはじまったと?

SNSを企業は活用することで、顧客と接点が密に持てるようになります。顧客満足度を向上させるといった意味でも、SNSは役立ちそうですよね。CRMを導入するにも、SNSにすでに顧客が登録されていれば、連携させることで手間いらず入力ができるはず。

ただ、中国の企業が顧客と密接な関係を持ちたい、と考えているとは思えません^^それよりも、SNSを日常的に利用している10代、20代の若者達を囲い込み、優良顧客へと持っていく考えの方が強い気がしますね。テレ部でも観たのですが、ショッピングサイトと人気のユーザーが手を結び、スマホのカメラで実況しながら商品を紹介し売っていく、という番組がありました。これがとにかくよく売れていました。人口の数からしても、中国にはまだまだ売れる要素がたくさんあるのでしょう。


Posted in 未分類 at 6月 23rd, 2019. No Comments.

CRMを使えば

CRMを使えば、今、御社で課題となっていることを解決することができます。もちろん、すぐに解決できるわけではありません。それなりのコストもかかり、人手も必要です。またCRMを扱える社員も必要。このような多くの負担は出てくるものの、2年後、5年後というように、会社の今後のビジョンをはっきりとさせるためにも、長期的に使えるツールを導入することは重要ですよね。

ではどのようにして解決していくのか。例えばリピーターを増やしたいと考える会社があったとします。自分を顧客にしてみると分かりやすいのですが、リピーターになるのはその会社や商品をとても気に入り、自分に大きなメリットあるいは夢を感じることができる場合ですよね。そうなるには、会社側は質の高いものを提供していく、同じものではなく常に進化していることが重要であり、また顧客への様々な配慮や優遇性といったものも必要になってきます。これらをCRMを使うことで的確にとらえ、顧客に反映していくことができるんです。


Posted in 未分類 at 6月 15th, 2019. No Comments.

分析をし、基準を作るのは人間

テレビを観ていたら、各省庁にもデータの分析ができる人材というものが非常に不足している、と言っていました。人の命に関わるようなとても重要なデータなのに、その先を見ることができないもどかしさ・・。世界的にもIT分野におけるデータ分析ができる人は絶対的に少なく、人材教育が待たれているとは聞いていましたが、日本の重要な機関でも不足状態なんですね。。日本のIT企業は、もっと人材の育成に力を入れてくれませんかね?^^

SFAにしても、営業マンたちの日々の努力によって情報は蓄積されています。しかし、データを集めてみたところで、誰がどう分析するのか、自社の基準は誰が作るのか。最もSFAで重要な部分を担う人材がいないのが現状なんですよね。

SFAがいくら素晴らしいツールであっても、最終的には人間です。それも知識と経験やノウハウを持った人。この人材を他社よりもいち早く育成し、実践に配置できる会社こそが、これからのビジネスに勝てる企業と言えるのかもしれません。


Posted in 未分類 at 6月 9th, 2019. No Comments.

リアルタイムだとより戦略的?

どういうことだかわかりますか?SFAを活用していくと、営業マンから報告される営業情報や顧客情報は常に新鮮なものへと更新されていきます。リアルタイムで現場の様子を会社にいる管理者は把握できるんですね。また、この情報は他の営業マンやマーケティング部のスタッフも確認できるため、すぐに次の一手を考え出すことも可能です。

以前は、「では会社に一度持ち帰って・・」と言っていましたが、今では「!今、上司から申請許可がありましたので・・」とそのまま商談を進める事もできます。修正やミスがあればそれらもすぐにチェックできるため、商談においてもミスなく進めることができるわけです。

今までは、報告だけ聞いて数字だけを参考に従業員を評価していた管理者も、こうやってすべてのプロセスを一緒に歩みながら評価もできるようになるため、より、営業マンたちに寄り添った評価というものも期待できるようになりますよね。営業マンにとっては負担の大きいSFAと言われますが、回りまわって大きなメリットとなって帰って来るツールであることも、知っておいて欲しいですね。


Posted in 未分類 at 6月 8th, 2019. No Comments.