現場の最前線で働いている人たち

現場の最前線で働く人たち、ここでは飲食店や営業マンといった、顧客と直接会話をする人たちのことを指しているのですが、こういった職種の人の間では、まだまだITの活用というものは進んでいないんだそうです。やはり人と人とのコミュニケーションを大事にする必要があるため、ITに頼りたくないといった気風が日本にはありますし、使えない人も多いという背景もあるでしょう。

ただ、今後はさらに少子高齢化が進み働く世代は減ってきます。反面、インバウンドが増加し現場の最前線で働く人は増やさないといけません。そうなると、バックヤードにおいてはITの活用が急務になるはずです。とくに営業マンといった職種では、会社に眠る多くのデータをつなぎ、見える化し、営業に役立てれば多くのメリットを享受できると言われています。SFAといった営業支援ツールの導入により、新規顧客獲得もしやすくなるんですね。

現場の人たちが簡単に使えるようなITの仕組みというものが、これからは必要になるようです。


Posted in 未分類 by admin at 5月 31st, 2019.

Leave a Reply