第33回全日本DM大賞のグランプリを受賞

ディノス・セシールが「「EC」と「紙」をリアルタイムで連携させたCRMの仕組み」を活用し、ユーザーにダイレクトメールを送っているそうで、そのDMが日本郵便主催のDM大賞のグランプリを獲得したそうです。

このDMとは、一度はカートに入れられた商品が削除されてしまう、いわゆるカゴ落ちをされた瞬間から最短で24時間以内にDMが送られるというもの。DMですからね、印刷物ですよね。これを最短で1日以内に発送までできるシステムを作りあげたなんて、それはグランプリものでしょうね。

でも、ユーザー側からすると、とりあえず気になったものはカートに入れておこう、という人もいます。それらを削除したことでいちいちDMが届くというのは、面倒ですし資源の無駄。。ごみ箱にポイされてしまうのでは?とも感じます。

ディノス・セシールとしては、DMを送ることで2割の売り上げを上げた、ということですが、それが企業の取り組みとして良いことなのかは、正直わかりませんね。


Posted in 未分類 by admin at 5月 22nd, 2019.

Leave a Reply