今年はAIによる音声入力

ネットニュースでも見ていたのですが、CRMにAIによる音声入力機能を搭載した新しいサービスが追加されたり、新バージョンとして各社から提供され始めたようですね。

どういったものかと言うと、コールセンターにかかってきた電話がそのまま画面にテキスト化されたり、CRMの中に蓄積していくことができるとのこと。リアルタイムでテキスト化されれば、スタッフが自分で入力する必要がなくなり、また正確に顧客の言いたいことが会社に残りますよね。自社の弱い部分が浮き彫りにされるため、今後の製品改善や開発にも大いに役立ちそうです。

そういえば、問い合わせとか質問とかコールセンターのスタッフにするときに、キーボードをカチャカチャ打ちながら「しばらくお待ちください」が連発されること、ありますよね。あれが無くなるということでしょうか。それだと、客の方は待たされずにスムーズに対応してもらえるから良いですよね。

会社、顧客双方にとって、この機能は優れたものと言えそうです。

Posted in 未分類 by admin at 4月 21st, 2019.

Leave a Reply