セミナーや研修会で

SFAって、本当に使い方がわからないとその効果を得ることができません。それほど知識やIT技術が必要なわけですが、ベンダー側ももっとフォローをしなければいけない、ということはわかっているようです。そのため、セミナーや研修会を頻繁に行っているところもあるとか。

とあるベンダーでは、パソコンを会場に一人一台ずつ準備し、参加者は何も持たずにセミナーを受けることができるそう。パソコンを扱う知識だけあれば、そのセミナーを受け、実際に使ってみて、その良さを体験できるんだそうです。

時間は2時間ほどですが、毎月1回行われていたりするので、やはりこのようなセミナーって好評なんだな~っていうことが分かりますよね。

また、セミナーでの1回だけの利用によって、ベンダー側もSFAの情報蓄積ができますよね。会社情報、個人情報、SFAをどれくらい使いこなせるのか、IT技術、会社での利用率や導入の意思など、あらゆる情報が参加者から入手できるため、今後のSFAの機能、改善点などの参考にもなるようです。

Posted in 未分類 by admin at 3月 26th, 2019.

Leave a Reply