記録していけることがポイント!

日々、新しく顧客を探し回っていれば、忘れてしまうことも多くなりがちですよね。その時には印象に残っていたとしても、その後、緊張する場面があったり、次から次へと新しい案件が発掘できれば、放置してしまうことも。それも、意識的ではなく無意識にやってしまうんですよね。

そんな時にとても頼りになるのがSFAです。SFAは、日報機能があり、何かしらのアクションを起こしたらその直後に入力をしておきます。あらかじめ入力内容を絞り、チェックを入れるだけでも良いように設定しておけば、自分が知りたい事、上司が知りたい事もすぐに確認ができます。

また、検索機能を使うことで、放置してしまっているアプローチ、案件の途中のものなどをすぐに見つけ出すことができるんです。

属人的営業から抜け出すためのSFAとも言われていますが、それだけではなくて、役立つ機能もたくさんあるため、もし導入に二の足を踏んでいたら、トライアル期間のあるSFAを試してみると、その良さを実感できるはずですよ。

https://ksj.co.jp/knowledgesuite/service/crm/marketing.html

Posted in 未分類 at 2月 26th, 2019. No Comments.

使いこなせないのは・・

よく、SFAを導入しても使い方がよくわからない、管理画面が複雑で入力画面に行くまでに時間がかかる、といった声をよく聞きます。そして、結果的にコストをかけて導入したSFAを解約してしまった、という事態にもなっているんですね。

でも、解約前に責任者の方は一度は検証してみてください。本当にSFAが悪いものなのか。最近サービスされているSFAは、かなりその使いやすさが向上しています。SFAを提供しているベンダも、より長く企業に使ってもらおうと創意工夫をしています。ユーザーの声を聞き、改善し、利用者を増加させているベンダも。

ただ、それを実際に使う営業マンが、ITスキルが低すぎる、新しいツールと聞いただけで難しいものと思い込んでいる、こんなことがあるため、きちんと使っていなかった。思い込みだけで上司に使えない、と報告していたということもあるんです。

本来は、SFA導入前から会社幹部、責任者、現場の営業マンそれぞれの立場の人たちがプロジェクトチームを作り、一緒になって導入するSFAを検討することが望ましいと言われています。

ksj.co.jp/knowledgesuite.jp/service/sfa-hikaku.html

Posted in 未分類 at 2月 14th, 2019. No Comments.