AIによる音声入力機能を搭載

コールセンターでのAI導入が広まっていますね。コールセンターと言えばCRMですが、このCRMを提供している会社では、AIを搭載したCRMの開発が進んでいるようです。ネットニュースでも先日、NTTテクノクロスがコールセンター向けのCRMで「AIによる音声入力機能を搭載した新バージョン」を来年1月末日より販売をスタートさせることが報じられていました。

コールセンターでは、一人一人の顧客にスタッフが直に対応していては、人件費がかかりすぎますからね。AIによる音声認識を使い、顧客がどのような用件で電話をしてきたのかを分類し、できるだけスタッフの負担を減らしつつ、顧客にも適切な対応ができるというもののようです。

会話の内容は録音されることから自動入力、テキスト化へと進化し、それらはCRMの保存することも可能。さらにメール、チャット、SNSへの連携などもできるため、顧客情報の横のつながりが非常に簡単にできるようになるんですね。

営業支援サービス

Posted in 未分類 by admin at 1月 28th, 2019.

Leave a Reply