業種によってもCRMの根付かせ方が違う

CRMの導入、徹底、と一口に言っても、業種によってそれぞれ根付かせ方は違っているようです。主にネットだけで商品を販売しているのであれば、メルマガ、メールなどに力を入れますよね。そこにCRMの分析結果を投影し、顧客を優良顧客へと育成していくことが重要になります。ですから、従業員自体がCRMを理解すると言うよりも、役立てると言った方が合っているかもしれません。使いこなすのは一人で良くて、あとの従業員はそれに従ってメルマガの発行、メール配信を手助けすれば良いわけですから。

では実店舗で優良顧客を増やしたい場合はどうするのかと言うと、顧客と直接対面する従業員がCRMを理解しておく必要があります。商品を売るのが従業員であり、顧客と話をするわけですから、どのようにしたら顧客が商品を買ってくれるのか、それをCRMから学ぶんです。

一番重要なのは、顧客は何が欲しくてその店舗に来ているのかを見極めること。そして、客が望む以上の対応をすること。これが出来れば顧客はそのお店を好きになり、また通ってくれるわけです。

Posted in 未分類 by admin at 10月 17th, 2018.

Leave a Reply