RFM分析とは

CRM、顧客情報を分析する際には、RFM分析というものが利用されます。これは、顧客の主に行動に関する分析です。

顧客の行動・・つまり、購入した日、購入している頻度、累計の購入額、これらを基に分析されるんですね。そして、分析された結果の数値が高い顧客、これがいわゆる優良顧客として記録されるんです。

一番近く購入した日、Recencyは、その顧客が現在、自社とどれくらい関わり合いが強いかが分かりますよね。3年も5年も前に最終の購入があった顧客と、3日前に購入があった顧客では、もちろん後者の方が重要な顧客となります。

また、購入している頻度、Frequencyも重要です。たった1度の購入後には音沙汰無い顧客、数か月単位ではあるけれども、定期的に購入している顧客、といった具合です。

そして最後が累計の購入額、Monetary。これが最も重要な指標になりそうです。累計購入額が高ければ、今後も同じく購入が期待できますからね。

このRFM分析が正確なほど、次のCRM施策に多いに役立つというわけです。

営業支援サービス

Posted in 未分類 by admin at 4月 27th, 2018.

Leave a Reply