費用対効果が具体的に

SFAを活用することで、費用対効果が具体的にわかるようになるって知っていましたか?

そもそもの話なんですが、SFAには「この顧客は脈がありそう!」といった、潜在的な顧客の割り出しができるんですね。そのために、ターゲットを絞っての営業が可能になるため、費用対効果というものも具体的に出すことができるようになるんです。

また、営業マンが次にどういったアクションを起こすことが最も効果的か、ということもSFAによってわかるようになります。SFAでは、ToDoリストを作るため、スマホやタブレット、パソコンなど利用しているデバイスを開けば、今日、どこの企業を回るべきか、納品の企業はどこか、請求書を持って行く企業はどこか、そして、そろそろ訪問した方が良い企業など、あらゆる営業の観点から、今日のやるべきことを知らせてくれるんです。これって個人的に有能な秘書を持っている感覚ですよね^^

私個人としては、スケジュール管理だけでもこのSFAを使って個人秘書代わりに出来たら良いな~~と思っているところです。

https://knowledgesuite.jp/service/crm/marketing.html

Posted in 未分類 by admin at 4月 13th, 2018.

Leave a Reply