最初から頑張ったのに・・

と言いますか、導入後にはたくさんのデータを取集し、蓄積していくことがSFAには重要なことではあるのですが、最初に頑張り過ぎることで次第に熱が冷め、結果、次に何をやるべきか、方向性を見失ってしまう・・ということもよくある失敗例のようです。

そもそもの話、SFAはデータ収集が目的ではなくて、集められた情報からスタートしていくことが本題につながるんですね。その本題の前で疲れてしまって、にっちもさっちもいかなくなる。果ては、SFAは面倒くさい、時間がかかり過ぎる、という悪い噂^^が出てきてしまうんですね。

本当は、集められた情報を営業活動の強化、効率化へとつなぐことが目的で、マーケティングや新規顧客獲得のために情報が使われることになります。

また、前から使っているグループウェアやその他ツールとの連携を行えれば、業務の効率化もできることでしょう。目的がどこにあるのかを徹底的に営業マンが理解しておくこと。これがSFA導入成功には必要なんですね。

GRIDY名刺CRM

Posted in 未分類 by admin at 2月 27th, 2018.

Leave a Reply