展示会を開いても効果がわからない

展示会を開けば多くの人、会社と面談ができ、かつ多くの名刺を得ることができます。この名刺を得ることが目的で展示会を開く、という考えもあるほどですから、名刺がいかに今の時代に重要な意味を持つのかがわかりますよね。

ただ・・、実際に集めた名刺を100%有効活用できているのか、と言うとそうでも無いみたいなんです。というか、9割分活用できていない・・というデータもあるほどなんですよ。ある会社の営業マンの愚痴ですが^^もともと毎日必死で自分が担当している会社を回っているのに、商談ができるのかできないのかわからない会社に時間を使いたくないと言うのです。それもよくわかりますよね^^

でも、これが名刺の管理をデジタル化し、きっちり管理していくことで効果が上がるそうなんです。これは一度は試してみるべきですね。

Posted in 未分類 by admin at 8月 5th, 2017.

Leave a Reply