考え方を変えた方が良い場合も

営業支援システムのメリットには、営業プロセスの見える化がありますよね。しかし、このメリットが営業マンにとってはデメリットになってしまう場合も多いようなんです。また、SFAの日報入力は、「私は今日も頑張って営業をしてきましたよ!」といったアピールだけに終わってしまうことも。。これでは何でSFAを導入したのか、意味が全くわかりませんよね。

そもそも、営業マンにとっては自分以外の営業プロセス、そして顧客情報は必要ない、と考えている人が大半とのこと。固定化されている顧客に次の営業も行う営業マンが多いわけで、それを社内で見える化したところで誰も得はしないのでは?という考えがあるんですね。そのため「営業頑張りました」のみの日報に終始してしまうんですね。

ですので、SFAの導入成功にはこういった考え方を根本から変えること、別の目的をSFAに持たせることで、導入成功へと向かうのでしょうね。例えばSFAを使わないとグループ内のコミュニケーションが取れないとか・・・。

Posted in 未分類 by admin at 7月 22nd, 2017.

Leave a Reply