意識の高まりによって

名刺の管理サービスを導入している会社でも、なかなかそれが浸透していかない場合もあるようですね。

それは社員の人達の意識がまだまだ定着していないから、という理由もあるそうです。日本のビジネスマンは、毎日4~5枚の名刺をもらっていると言われています。それを毎日毎日スマホのカメラで撮ったりスキャンしなければいけないのは、たしかに負担かもしれませんね。

ある会社では、週に一回データを落とし込む日を決めていたり、ある会社では毎日夕方にスキャンする、といった風に、あらかじめ会社内でルールを決め、名刺情報の蓄積がいかに会社の資産になっているのかを意識する必要があるようです。

しっかりと意識が定着していけば、サービスの有効活用が可能である、ということですね。

Posted in 未分類 by admin at 7月 16th, 2017.

Leave a Reply