失敗していた案件から

SFAでは様々な営業案件の管理が可能となります。営業プロセスからすべてを入力していくので、リアルタイムでもその様子を確認できます。

最近注目されているのが、過去に失敗していた案件。失敗は成功のもと、と以前はよく聞きましたが、正にされなんですね。過去に失敗した案件を追うことで、何が失敗の原因だったのかを分析。その原因から何を改善するのかを考え実践する。

とくに、最近では多くの業界で人材不足が叫ばれていますよね。人の手でこのような分析を行っていては時間も手間もかかり、かえって非効率になってしまうことも。それをSFAの力を借り、効率的に分析していけば、自ずと次に何をするべきかがわかってしまうんです。

他にも注目すべきは、まだ受注していない案件でも「こうすれば成功に近づくはず」という見込みができるようになること。最初から成功への道筋が見えていると、営業マンのモチベーションもアップするようです。確かにそうかもしれませんね^^

Posted in 未分類 by admin at 1月 6th, 2017.

Leave a Reply