SFA進化の過程

SFAは1990年代半ばころにアメリカから入ってきたシステムですが、当初は営業スタイルや雇用形態が日本とは合わなかったために定着しづらいものでした。しかしビジネスのグローバル化により、従来からの属人的な営業スタイルが見直され、営業プロセスの可視化と営業のオートメーション化を実現するSFAの活用が改めて注目を浴びるようになったのです。こういった背景と同時にクラウドやモバイル端末などのIT技術が普及したことでSFAも進化を遂げ、日本でも定着しやすい形に変化してきました。特にSFAのクラウド化によって低コストでスピーディーに導入&運用できるようになったことは大きな変化といえるでしょう。自社でシステム構築したSFAの場合だと、イニシャルコストが巨額になるだけでなく、保守管理の手間やコストが大きな負担となりますからね。クラウド化のおかげで、それまでSFA導入は敷居が高いと考えていた中小企業でも導入を検討できるようになったのです。またクラウド化したことでモバイル端末からの利用も可能になり、外回りの多い営業マンにとても使いやすいものになっています。以上のことからも今後もSFA需要はますます拡大していくと思われます。

Posted in 未分類 by admin at 12月 18th, 2016.

Leave a Reply