部門別よりも統合させる

SFAだけの話しではないと思われますが、様々なソリューションを会社で導入する際、部門別に行ってしまいがちですが、これは効率がかえって悪くなる場合があります。

社員としては、部門別にそれぞれの課やグループで、使いやすそうなもの、使いたい機能を自分たちで選んで導入したいと考えているでしょう。仕事の効率化もこれによって進むと。

SFAの導入は営業活動や案件、商談の見える化も目的の1つとなります。しかしながら、部門別にこのようなソリューションを選んでしまえば部門内のみの見える化に終わってしまい、会社全体ではなかなか見える化が捗らなくなってしまうんです。実際、会社全体でソリューションの見直しを積極的に進めることはあまり無いようです。

でも考えてみてください。部門ごとに使っているツールが違い、それぞれでお金をかけ、管理するよりも社内全体で統合させ、管理する方がどれだけ効率的で顧客にも安心できることか。管理者の方は一度本腰を上げて検討する時期に来ているのかもしれません。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

Posted in 未分類 by admin at 12月 13th, 2016.

Leave a Reply