モバイルWebアプリケーションのセキュリティ対策

iPhoneやAndroid端末といったモバイルデバイス向けにWebアプリケーションを開発する企業が増えています。最新のWebブラウザはJavaScriptのパフォーマンスもスピードも向上しており安定性が増しつつあるわけですが、開発者に求められるのは「モバイルWebアプリケーションを調整し、複数のモバイルブラウザで利用可能にすること」です。その一方でIT管理者はWebブラウザのセキュリティを確保しなければならなくなりました。そのためには、「ポリシーコントロールを適用し、モバイルWebアプリケーションを効果的に管理すること」「アプリケーションが即座に応答すること」「セキュリティ強化策でユーザーエクスペリエンスを損なわないこと」などという点に留意する必要があります。さらにBYODを採用している企業では、「アプリケーションの開発ツールと開発プロセスにセキュリティ・プライバシー対策を深く組み込むこと」「Webアプリケーションファイアウォールを導入すること」も重要になってくるでしょう。利便性とセキュリティの両立を図るには、それなりに対策が必要だということですね。

Posted in 未分類 by admin at 12月 10th, 2016.

Leave a Reply