『Salesforce』を活用している八面六臂

生鮮食品卸売ベンチャーといわれる八面六臂株式会社は、飲食店からの注文をインターネットで受け付け、水産物や精肉、青果などの生鮮食品を配送するサービスを展開しています。コストが掛かる少量多品種の生鮮食品を、最少1点から1都3県の飲食店へ注文翌日までに届けられるという点が画期的だという。おかげで同社は昨年 日本ビジネスモデル大賞も受賞しているそうですよ。しかし生鮮物という商品を毎日大量に&スピーディに届け&利益を出さなければならない…そのためには情報処理による業務効率化が必要不可欠。その実現を影で支える存在こそセールスフォースフォースドットコムの『Salesforce』なのです。例えば売上げや受注実績など顧客に関するあらゆる情報をSalesforceで一元管理したことで、業務効率が向上。そのうえ顧客の現状やニーズをリアルタイムに把握してスピーディに対応できるようになったそう。また問い合わせの内容と対応履歴を「よくある問い合わせと回答」としてデータベース化されたことにより、オペレーターの平準化が実現し、品質改善にも役立っています。サービス品質と同時に顧客満足度も向上しますね。ascentnet.co.jp

Posted in 未分類 at 11月 19th, 2016. No Comments.

オプション機能もあるそうです

SFAにはオプション機能も付いているサービスがあるとか。きっとそれぞれの企業で、最初から入っている機能、オプションとして付けられる機能と、違ってはいると思います。

例えば名刺管理システム。SFAやCRMの導入の際に、一緒にこのシステムも導入する会社も多いかと思いますね。2、3年前まではあまり名刺管理システムって知られていなかったのですが、このシステムのサービスをしている会社の急成長がきっかけで、名刺の管理を上手く行うことで営業がいかに効率化されるか、メリットがあるのかが世に示されたんですよね^^なので、SFAやCRMを提供する大企業ではこの会社と連携してサービスの提供も行うようになってきました。それほどのシステムなので、オプションとして付いていれば是非に導入したい機能ですよね。

また、社内でもともと使っていたSNSとのコラボツールなんていうのもあるそうです。これもまた有効ですよね。顧客データ、営業プロセスとSNSがつながることで、より営業の効率化がのぞめそうです。

sfa 導入

Posted in 未分類 at 11月 6th, 2016. No Comments.