COCO-LOが子育て世代の女性でも働きやすい職場を実現できた理由

群馬県桐生市にあるCOCO-LOは、訪問看護サービスやデイサービスを手掛けている会社です。看護師や作業療法士が在宅看護やリハビリサービスを提供しているそうですよ。在宅でそういったサービスを受けられるって身体の不自由なお年寄りや障がい者の方にとっては、利用しやすくて良いですよね。同社では「子育て世代の女性でも働きやすい職場」を目指し、モバイル活用をしているそう。看護・介護事業は働く人材が不足しがちな業界だと聞きます。必然的に子育て世代の女性を働き手として確保することになりますが、出産や育児があるとすぐ辞めてしまったり、急に休んでしまいがち。同社社長は、「家族との時間を大切にできる働きやすい職場にして、人材が集まるようにしよう」と考え、定時で仕事は終了となるようにしました。それにはモバイル活用が必要不可欠だったよう。訪問看護に出るスタッフとの情報共有はiPhoneのメッセージ機能を活用し、日々の業務報告や事業所間での情報共有にはiPadとクラウド型のグループウェアを利用しているそう。今ではスタッフの1割が産休・育休中だそうですよ。このような職場環境だったら、私も働きたいなぁと思いました。

Posted in 未分類 by admin at 9月 3rd, 2016.

Leave a Reply