個人向けに比べてまだ途上

ICT総研が今月6日に発表したスマートフォン、タブレットなどスマートデバイスの市場調査結果によると、昨年度のスマートデバイスの出荷台数は3,800万台ほどだったそうです。数が大きすぎて実感できないのですが、過去最多の多さだったそうです。

また、法人向けのスマートフォンやタブレットの市場は個人向けに比べてまだ途上であるとも書かれていました。途上であるということは、これから発展していくとも取れますよね。事実、MicrosoftのSurfaceが法人向けの市場にヒットしたことで、パソコンと同様の扱いが可能なタブレットが大きな注目を浴びています。「法人が重視する運用コストやセキュリティ面への対策も進んできており」ということで、ハードルもかなり満足のいくところまで下がってきているのでは、と思われますね。

スマートデバイス全体のことでいえば、今は1人につき1.75台の端末を持っていて、その内訳はスマホが約76%、ガラケーが約23%、そしてタブレットが約22%だったそうです。

Posted in 未分類 at 7月 20th, 2016. No Comments.

iPhone 7は来年に持ち越しになる?

ここ数日、iPhoneについてあまり良いレビュー記事を読んでいないですね~。先ほど読んだものもそう。しかも、ここにきてiPhone 7が今年中には発売されないかも?と言う噂まで出ているんですよ。

アメリカやほかの国はどうかわかりませんが、日本では法人向けのスマートフォンとしても多くの会社で利用されているiPhone。iPhone 6Sがそこまで評価されていないため、次期機種には大きな期待が寄せられています。

でも次のiPhone、つまりiPhone 7では大きな変更点が無いようだ・・という情報が出てきたんですね。そして、名称もiPhone 7は来年に持ち越し、iPhone 6○○というようなことになる可能性大だと。。一方、ある専門家からは「「2017年にはiPhone 8が登場する」と報告されたこともあります」とのこと。??

そうなると、やっぱり今年にはiPhone 7が発売にならないと数字の並びがおかしくなってしまいますよね~。まぁ、これだけ色んな噂があれば発売の発表から発売日まで盛り上がること間違い無しでしょうが^^

SFA(営業支援システム)比較

Posted in 未分類 at 7月 13th, 2016. No Comments.

商談管理を変えて営業活動を見える化しよう

営業方法に課題を感じている方は意外に多いもの。そこでオススメしたいのが「SFAやCRMを導入して商談管理を変えること」です。なぜなら商談管理によって管理者は営業担当者の細かな動きから報告までを共有できるようになり、現状の営業活動を見える化することができますよね。よって、どこを改善したら良いのか分かるというわけです。日報ではダメなのか?と言われる方がいますが、日報で細かい商談管理まで残しておこうとすると、とても手間がかかります。だからこそSFAやCRMといったシステムに頼るのですね。システムを使うことによって、確かな情報が得られる上に、簡単に営業活動を軌道修正していくことが可能なのです。また現状のままでも十分営業活動を管理できていると思っている方も、思わぬ抜けがあったり、機会損失をしている場合があります。現状に満足していても、一度 商談管理の方法や営業の課題を見直してみる必要があるかもしれませんよ。商談管理を強化して、課題解決につなげましょう。

Posted in 未分類 at 7月 8th, 2016. No Comments.