料亭でも営業支援ツールが

都会の中にある料亭。こちらの料亭は歴史ある料亭として今では結婚披露宴、財界人のトップの接待などでの利用が多いとのこと。

しかし、歴史あるお店だからこそ顧客の名簿は手書きで行われてきたそうです。また予約の電話などもそのたびに聞いていたため、前に来た際の飲み物や料理の種類などが記録として残っていなかったとか。そうなると、前の注文についてまた新たに電話をし直す・・という面倒な作業があったとか。面倒というよりも、わざわざ電話で以前の内容を聞かないといけない、という顧客への申し訳なさの方が大きいかもしれませんね。これは精神的にもちょっと辛いかも^^

これらを鑑みて、パソコンでの管理も進んでいたそうですが、更なる効率化のために営業支援ツールの導入が検討されたそうです。

そして導入した結果、接待する客される客の名刺はデータベースへ。その時の客の属性、利用日、部屋、料理の内容などの履歴を管理できるようになったと。また、顧客のほかに取引業者や従業員情報なども登録したことで、非常に便利になったそうです。

営業支援ツールって、単に営業を支援するだけではなくて従業員の精神的なサポートもできるものなんですね。

Posted in 未分類 by admin at 5月 30th, 2016.

Leave a Reply