動画の活用もアリ

CRMでは顧客との接点をより強くし、満足度を上げていく、そのためにメールやメルマガを使うことが推奨されますが、最近では動画の活用もアリですよといった声も聞かれるようになってきました。でも動画って作るのも編集するのも大変ですよね^^CRMを運用していくのにも時間と手間がかかるのに、それ以上に手をかけないといけないのは面倒に感じますが。。

実は、業種や企業規模によってはすでに動画がたくさん作られていることがあるとか。それらは一度使われたらそのまま放置・・ということが多いんだそうです。でもせっかく作られた動画、これを使わない手はない、ということなんだそうです。

もちろん、そのままで使うには時間が長すぎるでしょう。適度に編集して広告として流す、これだけでも顧客にはわかりやすい動画になるんですね。

メールと一緒に動画を送るのは容量の問題もありムリですが、広告配信という手を使えば、それぞれの顧客に最適な動画を観てもらうことが可能になるそうですよ。

Posted in 未分類 at 9月 21st, 2017. No Comments.

かなり前に見たんだけど・・

ネットの広告って、自分がさっき見た商品やサービスがすぐに表示されていますよね。前は、何で私が欲しいと思っているものが広告として表示されるの?と不思議に思ったこともありましたが、これは全てアフィリエイト広告であり、CRMに蓄積された情報から表示されているんですよね。

それが分かってからは、「すごい!こんなに早く反映されてる!!」と関心することもしばしばなんですが^^久しぶりに見たサイトなどでは、かなり前に見た商品やサービスが表示されていたんですよね~。これって何なんでしょうか。。

あるサイトを見た場合、それより前の情報だけがデータとして使われるために、表示される商品やサービスもその時のままということなのかと。まぁ、どうでも良い話なんですけどね^^

CRMのデータによって表示される広告で、忘れていた買い物を思い出すこともありますよね。たしかに便利。でも、「このサイトの運営主にアフィリエイトの広告料が入るのか・・」と思うと、ついつい意地悪して自分で検索して買い物しちゃうんですよね^^

Posted in 未分類 at 9月 11th, 2017. No Comments.

複合機でかんたん登録

名刺の管理ツールの活用が広まっていますが、数百、数千枚の名刺を保有していると、全ての名刺をカメラ撮影し終わるのかとても不安ですよね^^一体、一日何枚の名刺を撮影し、いつそれが完了できるのか、それを考えただけで「やっぱりツールは止めよう!」と諦めるかも。。

でも、一枚ずつカメラ撮影せず、複合機を利用してデータ化できるツールもあるようです。一度に複数の名刺が登録できれば、精神的負担も手間もかなり軽減されますよね。

一度データ化しておけばあとはいつでもどこにいても管理、活用が可能となりますので、こんなに便利なものはありません。

名刺の裏面の文字も登録できる場合もあるので、少々コストがかかっても早く登録したいと思ったら、複合機での登録ができるツールを探してみてはいかがでしょうか。

名刺管理ソフトについてはこちらの製品を参照しました。

Posted in 未分類 at 8月 21st, 2017. No Comments.

項目が設けられることで

SFAのメリットは、営業マンが外回りでへとへとになってから帰社して日報の書き込みをしなくても良いこと、報告書がすぐに作成できること、そして情報の共有がリアルタイムでできることがよく言われていますよね。

SFAの営業日報には、あらかじめ設定しておいた項目もあります。これがまた大きなメリットになるんです。営業マンがこれまでペーパーに記入していた日報は文章書き。ということは、営業マンそれぞれが自分の好きなように内容も報告したいこともバラバラでした。営業マンの中には、何をポイントに書いて良いのかすら考えず、だらだらと一日の行動報告のみを書いていた人も多かったようです。また、彼らを管理するマネージャーはそんな営業日報を毎日チェックしなくてはいけません。これもまた手間のかかる作業ですよね。

しかしSFAの日報では項目チェックと備考に入力というように、数分の作業で完了することができます。記入する方、管理する方ともにムダ無く時間を過ごすことができるようになるんです。

Posted in 未分類 at 8月 16th, 2017. No Comments.

やっぱりiPhoneが・・

今頃、友人がポケモンGOを始めたい!と言うので、ポケモンGOをダウンロードしてあげようとしたときです。で、グーグルプレイでポケモンGOのアプリを検索したら・・・、あのお馴染みのモンスターボールのアイコンが全然出て来ないんです。

昔はAndroidを使っていましたが今私はiPhone。なので、Androidのアプリはグーグルプレイじゃなかったのかも?とまで思ってしまいましたよ^^結局、ポケモンGOの公式サイトからダウンロードしないと、グーグルプレイでは危ないアプリがたくさんだから!と別の友人にアドバイスされました。

名刺の管理ツールにしても同じだそうです。なので、商用でのスマホは、AndroidよりもiPhoneでの利用が安心なわけですね~。なるほど。。

Posted in 未分類 at 8月 11th, 2017. No Comments.

展示会を開いても効果がわからない

展示会を開けば多くの人、会社と面談ができ、かつ多くの名刺を得ることができます。この名刺を得ることが目的で展示会を開く、という考えもあるほどですから、名刺がいかに今の時代に重要な意味を持つのかがわかりますよね。

ただ・・、実際に集めた名刺を100%有効活用できているのか、と言うとそうでも無いみたいなんです。というか、9割分活用できていない・・というデータもあるほどなんですよ。ある会社の営業マンの愚痴ですが^^もともと毎日必死で自分が担当している会社を回っているのに、商談ができるのかできないのかわからない会社に時間を使いたくないと言うのです。それもよくわかりますよね^^

でも、これが名刺の管理をデジタル化し、きっちり管理していくことで効果が上がるそうなんです。これは一度は試してみるべきですね。

Posted in 未分類 at 8月 5th, 2017. No Comments.

理想と現実のギャップ

CRMの活用で、顧客との良好な関係を永続的につなげていくこと、が実際にできている企業って少ないそうなんですん。理想と現実にはやはりギャップが生じているんですね。

CRMを運用していくことで、それぞれの顧客の情報、属性、販売履歴などを含めて分析し、ひとりひとりに最適な商品の提案を最適なタイミングで行うことが可能になり、顧客満足度を上げることができる、とされています。満足度を上げることで顧客はまたこの企業との取引を続けよう!と思ってくれるハズですから。

しかし、これはCRMを使っている側の企業の勝手な思い込みであり、取引の相手企業、あるいは個人顧客にしてみればそこまで満足度が上がっている、とは限らないんですね。

また、他のライバル企業がさらに良い条件、良い商品を取り扱うことがわければ、そちらの方を向いてしまう可能性は非常に大きいわけです。一方的な思いだけで営業を行う、というのはある意味危険でもあるんですね。

Posted in 未分類 at 7月 29th, 2017. No Comments.

考え方を変えた方が良い場合も

営業支援システムのメリットには、営業プロセスの見える化がありますよね。しかし、このメリットが営業マンにとってはデメリットになってしまう場合も多いようなんです。また、SFAの日報入力は、「私は今日も頑張って営業をしてきましたよ!」といったアピールだけに終わってしまうことも。。これでは何でSFAを導入したのか、意味が全くわかりませんよね。

そもそも、営業マンにとっては自分以外の営業プロセス、そして顧客情報は必要ない、と考えている人が大半とのこと。固定化されている顧客に次の営業も行う営業マンが多いわけで、それを社内で見える化したところで誰も得はしないのでは?という考えがあるんですね。そのため「営業頑張りました」のみの日報に終始してしまうんですね。

ですので、SFAの導入成功にはこういった考え方を根本から変えること、別の目的をSFAに持たせることで、導入成功へと向かうのでしょうね。例えばSFAを使わないとグループ内のコミュニケーションが取れないとか・・・。

Posted in 未分類 at 7月 22nd, 2017. No Comments.

意識の高まりによって

名刺の管理サービスを導入している会社でも、なかなかそれが浸透していかない場合もあるようですね。

それは社員の人達の意識がまだまだ定着していないから、という理由もあるそうです。日本のビジネスマンは、毎日4~5枚の名刺をもらっていると言われています。それを毎日毎日スマホのカメラで撮ったりスキャンしなければいけないのは、たしかに負担かもしれませんね。

ある会社では、週に一回データを落とし込む日を決めていたり、ある会社では毎日夕方にスキャンする、といった風に、あらかじめ会社内でルールを決め、名刺情報の蓄積がいかに会社の資産になっているのかを意識する必要があるようです。

しっかりと意識が定着していけば、サービスの有効活用が可能である、ということですね。

Posted in 未分類 at 7月 16th, 2017. No Comments.

オーダーメイド的要素も重要

日本でも多くの会社がをサービするようになってきていますが、自社に導入するのにどこの会社のサービスが最適なのかを見つけるのって、とても難しいんだそうです。

ほとんどのSFAは、きっと「これなら使うだろう」的な発想で自分の会社を基準に、または数ある会社の平均を取ったような基本機能でサービスされているようです。そうなると、全ての会社に合っているようで実は合わない・・ということにもなってしまうんですね。

そこで喜ばれているSFAとは、オーダーメイド的な要素があるシステムなんだそうです。それまで抱えていた不満や使いにくさをピックアップし、サービスしている会社にそれらを全て伝える。これによって、サービスしてくれる会社がどんな機能が必要で、どのような基本画面にするべきか、そしてどんな機能を追加すると希望に沿ったSFAになるのかを考えてくれる。こんなサービス会社を探せることが、SFAを成功に導く最初にステップになりそうです。

Posted in 未分類 at 7月 9th, 2017. No Comments.