業種によってもCRMの根付かせ方が違う

CRMの導入、徹底、と一口に言っても、業種によってそれぞれ根付かせ方は違っているようです。主にネットだけで商品を販売しているのであれば、メルマガ、メールなどに力を入れますよね。そこにCRMの分析結果を投影し、顧客を優良顧客へと育成していくことが重要になります。ですから、従業員自体がCRMを理解すると言うよりも、役立てると言った方が合っているかもしれません。使いこなすのは一人で良くて、あとの従業員はそれに従ってメルマガの発行、メール配信を手助けすれば良いわけですから。

では実店舗で優良顧客を増やしたい場合はどうするのかと言うと、顧客と直接対面する従業員がCRMを理解しておく必要があります。商品を売るのが従業員であり、顧客と話をするわけですから、どのようにしたら顧客が商品を買ってくれるのか、それをCRMから学ぶんです。

一番重要なのは、顧客は何が欲しくてその店舗に来ているのかを見極めること。そして、客が望む以上の対応をすること。これが出来れば顧客はそのお店を好きになり、また通ってくれるわけです。

Posted in 未分類 at 10月 17th, 2018. No Comments.

驚いたことに!

あるビジネスマンの方が言っていたのですが、自社よりも規模の大きな会社と取引ができないものか思案していたが、どこにも繋がりを見出すことができずに、他の会社の取引を1年近く続けていたそうです。頭の片隅にはその大企業のことがあったものの、やはりアプローチのための人脈が無く、あきらめかけていたそうです。

ところが、会社内で一括で名刺を管理することになり、一番コストのかからない名刺の管理ツールを使いはじめたところ、何となく人脈図を見ていたら、驚いたことにその大きな企業と別の部署の社員が繋がりを持っていたことが明らかになったそうです。

その社員とはほぼ会話をしたことは無かったそうですが、せっかくの繋がりを利用しない手はありませんからね。必死に口説き、アプローチするところまでこぎつけたそうです^^

Posted in 未分類 at 10月 4th, 2018. No Comments.

営業マンだから使いやすい

営業マンの方は、一日中外周りをして、やっと終わったと思ったら最後にもう一度会社に戻る、という面倒さが負担と言う方も多いのではないでしょうか。

会社に戻ると日報を作成し、次の日や一週間のスケジュールを確認したり見直したり。そして顧客とのコミュニケーション時間など、「いつ帰ることができるのかわからない」ということも。。これらをあるツールを活用することで一掃できるとしたらどうでしょう^^

そのツールとはSFAのことなんです。SFAはスマホ、タブレットからの入力ができるため、普段営業マンが負担に思っていることを難なく簡単にしてくれます。自分自身の負担の軽減とともに、顧客に対する対応がスピーディーになるのもまたメリットとなります。営業先の社長さんから「前回のあの資料を見たいんだけど」と言われて手元に持っていなくても、SFAからダウンロードができるんです。きっと社長さんも驚きつつも、喜ばれると思いますよ^^

GRIDY名刺CRM

Posted in 未分類 at 9月 23rd, 2018. No Comments.

営業スタッフのスキルが・・

どんなシステムやツールにしても、それを扱うスタッフがそれに応じたスキルを持っていなければ、使いこなすのは難しいですよね。

パソコンをやっと使える程度。エクセルで管理していても、新しいシートを作り上げることはできない。これくらいのビジネスマンも多いようですが、これくらいのスキルしか無ければ、CRMの扱いは難しいと言って良いでしょう。

ですから、CRMを取り扱うベンダーでは、事前に研修を行ったり、ベンダーのスタッフを常駐させたりして、導入前後には手厚くサポートしているようです。逆に言うとそれだけ難しいツールであることを示しているのですが。。それでも難しければ・・、アプリくらいにしておいた方が良いかもしれませんね^^

CRMにもアプリはあり、無料のものもあります。顧客を単に管理するだけで良ければ、名刺の管理ツールなどもありますから、スタッフのスキルの身の丈に合ったシステムやツールを選んであげることも、上司としての責任かもしれませんね。

Posted in 未分類 at 9月 11th, 2018. No Comments.

ベテランの営業マンがいなくなったら

どこの会社でも、ベテラン、中堅、新人と、各営業レベルの営業マンがいることで、その会社ならではの営業の進め方や営業技術などを学ぶことができます。しかし、もしベテランの営業マンがいなくなったり、新人だけになってしまったら・・。考えるだけでも恐ろしいですよね。ただ、これからの世の中、どんなことが起きてもおかしくはありません。もしもの時に備えるのは、災害だけではなくて営業においても同じく必要になるでしょう。

では、ベテランがこれまでに培った技術やノウハウを中堅や新人にどうやれば引き継ぐことができるのか。それは、早急にSFAを導入し、ベテラン社員たちに多くの知識を落とし込んでもらうんです。非常に嫌がるでしょうけど^^だって、入力自体が面倒ですし、自らが得た営業技術、ノウハウを会社のためにすべてさらけ出す、ということにも疑問が残るはずです。

しかしここは原則に立ち返る。営業上、業務中に得た情報や技術は個人資産ではなく会社の資産であることです。これを明確にベテランの営業マンにも伝えることです。

スクジュール管理

Posted in 未分類 at 8月 28th, 2018. No Comments.

久しぶりに聞いた・・

サバティカル休暇、って言う単語、知っていますか?私、久しぶりにこの単語聞きました^^「1ヵ月以上の長期休暇制度」のことなんですよね。まぁ~、日本人でこんな休暇を取れる人なんて、ほんの一握りのうちのまた一握りでしょうね^^ブラックなんて当たり前なんですよね、日本は。

ただ、私の周囲でも少しずつ状況は変わってきています。月に1日、休みを取るか取らないかといった人が、最近は週に1日は必ず休んでいると。もうびっくりですよ。絶対にそんな日は来ない、と私は勝手に思うほど、ブラックな会社でしたし、本人もそれをあまり不服としていなかったと言うか・・^^

でも、さらに上司が変わったことであと週に1日、ないしは半日休め、というお達しがあるそうです。でも本人は仕事が心配だし、自分の穴埋めができる人物がいないため、そんなに休めないと言っていました。きっとこういった営業マンの方も多いのではないでしょうか。

いくらCRMなど営業支援ツールが使われ始めていたとしても、最後は人が重要ですからね。難しい問題は続くと思われます。

GRIDY名刺CRM

Posted in 未分類 at 8月 15th, 2018. No Comments.

ついつい見てしまうのです

私はいくつかのショッピングモールを併用して使っているんですが、ずっと前からわかってはいるけど「ついつい見てしまう」ものがあります。それは「他のユーザーはこんな商品も見ています」と書かれている商品群。。

これはきっとショッピングモール側の意図的な操作が加わったCRMであり、その策略に乗っかってはいけない!本当にユーザーが見ているのか大きく疑問!と、わかってはいるんですよ^^でも、「お!確かにこの商品も興味ある!」と思って、クリックしちゃうんですよね。

そして、もう一つ、これも大きな疑問、というか当てにできない数字だな、と思っていたのが、「今、●人がこのサイトを見ています」という、サイトの上の方にちょこっと出ているこの言葉。別に見ようと思って見ているのではないのですが、丁度人の目線に入る場所に書かれているんですよね。そのため、ついつい見ていると^^

ショッピングモール側の誘導に乗っかったら負け!という意識が強い私ですが、結局、上手に乗せられています^^

Posted in 未分類 at 8月 4th, 2018. No Comments.

各部署の連携を強化

住友商事が、名刺の管理ツール、Sansanの導入を行ったそうです。この発表は、住友商事が行ったものではなく、Sansanが行ったもの。よくありますよね。導入した会社が発表するのではなくて、そのサービスを提供している会社が、こういったことを発表している。これに私なんか違和感を感じるのですが^^こういうものなんですね、きっと。

住友商事では、このSansan導入によって各部署の連携を強化。名刺管理の為の時間や手間を削減し、「取引情報の可視化と迅速な共有が可能になった。」そうです。

また、過去の案件やその深さなども、以前の担当者に確認後、アプローチをかける、という二度手間があったそうですが、それもツールのお蔭で透明化され、スピードアップが実現したそうですよ。

Posted in 未分類 at 7月 23rd, 2018. No Comments.

親日家が多いとは聞いていたけど

台湾で通販支援を行っている女性がいるそうで、その方の会社、アジアンブリッジが今月初旬、ニッセイキャピタルなどから総額で3億円の資金調達したことがわかったそうです。このような、通販のための支援を行うビジネスもあるんですね~。世の中、どういったことが仕事になるのかわかりません^^

台湾ではもともと親日家が多いとは聞いていたのですが、日本の商品、女性の購買力の高さ、そしてネットのインフラの整備によって、「台湾は越境ECに向いている」のだそうです。

この会社では「同社では、通販用クラウド現地法人システムbamb」というものを提供していて、このシステムの中に、貿易規制調査や輸入通関、受発注や出荷業務、そしてCRMやカスタマーサポートの支援なども行っているようです。

日本で人気のサプリや化粧品が、台湾の女性の中でも人気なのでしょう。それに、まだ台湾ではこういった分野の通販が少ないのかもしれません。良いところに目を付けましたね^^

Posted in 未分類 at 7月 12th, 2018. No Comments.

実績も見ておきましょう

CRMの導入には、色々な下調べが必要になります。どれくらいの価格なのか、機能はどういったものがあるのか、どれくらい先までサポートをしてくれるのかなど、挙げればキリが無いのですが、そこまでしてもしっかりと調べ、自社に合ったシステムを探すことが大事になります。

そして、ここにもうひとつ挙げておきたいのが実績です。CRMを導入する会社は増えています。しかし、会社と言っても業種、職種によって使う機能、使い方、運用の方法などかなりの違いがあるはずです。そのため、自社と同じような職種の会社に、過去どれくらい導入をしたのか、そして運用までの道のり、失敗か成功かを教えてくれる、そんなベンダーを探すことが大切なんですね。

たとえ導入が結果的に失敗した会社があったとしても、そこから学び、より良いシステムへと改善できていれば、それもまた良いはずです。PCDAをそのベンダーでも回していることになります^^

価格、機能、サポート体制も確かにポイントとなりますが、是非、この実勢についても比重を多くしてみてください。

顧客管理機能 |サービス紹介

Posted in 未分類 at 6月 30th, 2018. No Comments.